トリプルビーの副作用は大丈夫?成分を1つ1つ解説

トリプルビーの成分と副作用について トリプルビーの成分と副作用

トリプルビーは副作用の問題がないのか気になっているあなたのために情報をまとめました。

また、合わせてトリプルビーの全成分の一覧、成分を1つ1つ解説していますので、安全性を購入前に詳しく確認したいなら参考にしてみてください。

トリプルビーの副作用は大丈夫?

トリプルビーに副作用が心配な成分はある?

トリプルビーは医薬品ではないので基本的に副作用が心配な成分はありません。

ただ、体調の状態やカラダに合わない可能性もありますので、違和感を感じたらお医者さまに相談することをおすすめします。

トリプルビーでのアレルギーは大丈夫?

トリプルビーはアレルギー表示が義務付けられていたり推奨されているものの中ではゼラチンがあります。

また、大豆抽出物と豚プラセンタ、魚由来のエラスチン、チキンエキスが含まれています。

そのため、大豆、さけ、さば、鶏肉、豚肉にアレルギーのある方はご注意ください。

心配な方はかかりつけのお医者さまに一度ご相談ください。

トリプルビーを飲んで下痢や便秘になることはある?

トリプルビーには下痢や便秘になるような成分は含まれていません。実際に飲んでみましたが特に下痢や便秘になることはありませんでした。

トリプルビーでおならがでることはある?

トリプルビーにはおならがでやすくなるような成分は含まれていません。

実際に飲んでみておならがでやすくなるようなことはありませんでした。

トリプルビーは妊娠中や授乳中は飲んではダメ?

トリプルビーは薬ではなく栄養機能食品なので妊娠中や授乳中でも大丈夫です。

葉酸やビタミンB群といった妊娠中に摂取した方が良い栄養素も含まれています。

ただ、置き換えによる減量などの目的での使用は控えてください。

トリプルビーの全成分を1つ1つ解説

トリプルビーの成分

クレアチンモノハイドレート、HMBカルシウム、コエンザイムQ10、αリポ酸、L-カルニチンフマル酸塩、L-オルニチン塩酸塩、大豆抽出物(イソフラボン含有)、黒胡椒抽出物、イナゴ豆抽出物、デキストリン、チキンエキス、ブラックジンジャー抽出物、フィッシュコラーゲン(ゼラチンを含む)、エラスチン(魚由来)、豚胎盤抽出物/トレハロース、ビタミンC、クエン酸、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、L-ロイシン、L-バリン、L-イソロイシン、L-リジン塩酸塩、L-メチオニン、L-フェニルアラニン、L-トレオニン、L-ヒスチジン、L-トリプトファン、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンD、L-アルギニン、葉酸、シクロデキストリン、ヒアルロン酸、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンB12

こちらがトリプルビーの全成分です。それぞれ成分を解説していきます。

クレアチンモノハイドレート

クレアチンのこと。筋肉の増加や成長を助ける成分。運動後のぐったりにも効果的。

HMBカルシウム

HMBのこと。筋力アップをサポートしてくれる成分。プロテインから摂取するのに比べて直接摂取する方が効率が良い。

コエンザイムQ10

カラダの細胞が適切に機能するのに必要な抗酸化物質。

αリポ酸

抗酸化作用と燃焼サポートが期待される成分。

L-カルニチンフマル酸塩

吸湿性が高いL-カルニチンを改善したもの。脂質の代謝と関わりが深い成分。

L-オルニチン塩酸塩

しじみに含まれる成分として注目されている成分。疲労回復や代謝に関わりがある。

大豆抽出物(イソフラボン含有)

特に年齢を重ねた方の乱れがちなバランスをサポートが期待される。

黒胡椒抽出物

吸収率UPやめぐりのサポートが期待される。

イナゴ豆抽出物

地中海周辺で栽培されるマメ科の植物でキャロブとも言われる。製品の安定などの役割。ビタミンB群、食物繊維など栄養が豊富。

デキストリン

エキスを顆粒化(つぶつぶに)するのに配合されている。

チキンエキス

アミノ酸を含むペプチドが少量含まれる。旨味のベースとして使われることが多い。

ブラックジンジャー抽出物

別名クラチャイダム。めぐりや燃焼をサポートする運動サポート成分。

フィッシュコラーゲン(ゼラチンを含む)

魚由来のコラーゲン。お肌の弾力を支えている成分の1つ。

エラスチン(魚由来)

お肌のコラーゲンを支えている成分。

豚胎盤抽出物/トレハロース

いわゆる豚プラセンタのこと。プラセンタはミネラル、ビタミン、アミノ酸、核酸など幅広い成分を含む。

ビタミンC

ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素。

クエン酸

レモンに多く含まれる爽やかな酸味を持つ成分。

香料

香りづけに使われる成分の総称。どのような成分が使われているかは表記しなくていいため、ブラックボックスである。

甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)

カロリーゼロの人工甘味料。味の素が製法の特許を持っている。

L-ロイシン

筋肉で代謝されるアミノ酸・BCAAの1つ。筋力アップをサポートして疲労の抑制が期待される成分。

L-バリン

筋肉で代謝されるアミノ酸・BCAAの1つ。筋力アップをサポートして疲労の抑制が期待される成分。

L-イソロイシン

筋肉で代謝されるアミノ酸・BCAAの1つ。筋力アップをサポートして疲労の抑制が期待される成分。

L-リジン塩酸塩

アミノ酸の1つ。ブドウ糖がエネルギーに変わるのをサポートする成分。

L-メチオニン

アミノ酸の1つ。タンパク質の代謝に使われる。

L-フェニルアラニン

アミノ酸の1つ。神経伝達物質として働く。

L-トレオニン

アミノ酸の1つ。代謝をサポートしてくれる。

L-ヒスチジン

アミノ酸の1つ。神経機能のサポート、成長促進など。大人になると体内で合成できるようになる。

L-トリプトファン

アミノ酸の1つ。幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンの生産をサポートしてくれる。

ビタミンB6

たんぱく質からのエネルギーの産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB2

皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB1

炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンD

腸管のカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。

L-アルギニン

成長に重要な働きをするアミノ酸。

葉酸

赤血球の形成を助ける栄養素とともに、胎児の正常な発育に寄与する栄養素です。

シクロデキストリン

輪っか状のオリゴ糖。

ヒアルロン酸

お肌を支える成分の1つ。化粧品では保湿成分としても有名。

ビタミンE

抗酸化サポートが期待されているビタミン。

ナイアシン

別名ビタミンB3。脂質や糖質の分解をサポートする。

パントテン酸カルシウム

パントテン酸は別名ビタミンB5とも言われる。脂質や糖質の分解をサポートする。

ビタミンA

目や皮膚の粘膜などの健康をサポートするビタミン。

ビタミンB12

神経伝達や葉酸と一緒にベモグロビン生成を助けるビタミン。

まとめ

トリプルビーには副作用が心配されるような成分は基本的にありません。

ただ、アレルギーの方は気をつけないといけない成分もあります。

口コミを確認してから購入したい方のためにトリプルビーを使ってみた口コミも書いていますので、合わせてご覧になってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました